のんきものでいこう

モノが好きな教員によるゆるゆるな雑記

「教員に向いてない」の意味で彼女に言われました。

 

ここ数日お伝えしているように、仕事がかなり苦しい状況で鬱々とした毎日を送っています。

スクーリカウンセラー(臨床心理士)さんにも相談して状態を伝えたら「黄色信号ですね」くらいに言われ、うつ病予備軍です。

 

そんな中、今日は彼女と会ってきました。

同じ職場(学校)で働く彼女は本採用6年目。

僕のことも心配してくれているようですが、彼女自身もその6年の間に精神的に苦しい状況を乗り越えてきていました。

 

僕は臨採の教員。

彼女からは「採用試験がんばって」などと応援されていました。

結婚を見据えようとするのに、僕は本採用にならなきゃいけないと思っていたし、ストレスの多い環境でも乗り越えられる強い精神力が必要だと思っていました。

それができなければきっと彼女と別れないといけないだろうと。

 

しかし今日、彼女は言いました。

「このまま無理をしてうつ病になって、死んじゃったりしたら嫌」

「そうちゃんはメンタルそんなに強くないと思う」

「専業主夫になってもいいよ」

「でも共働きしないと経済的に苦しいから……配送業とかなら良いんじゃない?」

そうやって、僕に教員を無理強いすることがなかったんですね。

というか「教員に向いてない」と思ってくれてるのかと思います。

 

すごく嬉しかったし、意外でした。

本採用教員になるか、企業の正社員になるかしないといけないと思っていたので、まさか「専業主夫でもいい」なんて言葉が出るとは思わなかったんです。

専業主夫になれるんならなりたいですけどね(^_^;)

「ストレスだらけの状況も、そうちゃんなら乗り越えられるよ」とか言われると思っていたし。

でも……僕は、なんか……

「自由に自分の仕事を追い求めて良いんだ」と思いました。

彼女の心意気に感謝したいです。

 

 

「辞めてもいいんだ」という意識が、心を軽くしてくれました。

心が軽くなったので、まだ働けるかもしれません。

仕事を頑張れるかもしれません。

 

でも、これ以上さらに精神的なダメージが重くなっていき、自分の体が動かせない状態になるようなら、休職を考えたり、教職の道を断念したりするかもしれません。

(最低でも今年度いっぱいはがんばりたいなと思いますが)

 

その場合には、僕は配送業に転身しても良いのですが、自分の強み探しもしていき、自分なりの発信をしていけるようになれるといいなと思います。

ブロガーとか動画配信とか。

青臭いこと言ってるかもしれないし、いまどきの小中学生の「将来の夢」みたいなことを言っているかもしれません。

でも、やっぱり「自分のペース」で仕事ができる環境は憧れていて、手に入れたいし、彼女(のちの奥さん?)に後ろめたくない収入は取りたいとも思うんですね。

自分の強みを生かして、誰かの役に立てるようになると良いなと。

青臭いですけどね。

 

 

今もストレス頭痛でズキズキします。

明日の授業も不安だらけです。

目の前の仕事に一生懸命に向き合い、目の前の子供達が少しでも成長していけるように。

とりあえず3日間、凌いでいきます。