のんきものでいこう

モノが好きな教員によるゆるゆるな雑記

億男になったらどうします?

 

かなり鬱々した最近でしたが、木曜日は出張もあり定時で退庁し、金曜日はちょっと残業しましたがまぁそれなりに帰ってきちゃいました。

そして今日はよく寝ました。

ストレスがない生活というのは憧れですな。

 

そんな中、今日は家でのんびりと映画『億男』を鑑賞しました。

金曜ロードショーを録りためていたやつね。

 

億男

 

今はAmazonプライム・ビデオでも視聴できますね。

金曜ロードショーではBUMP OF CHICKENのエンドロールがカットされていたので、Amazonプライム・ビデオのほうがおすすめです。

 

宝くじ3億円が当たった一男(佐藤健)が、借金3000万円を返済して別居中の家族を取り戻そうとするのだが、その前に親友の九十九(高橋一生)に相談したら3億円を持ち逃げされてしまう…というお話です。

 

お金って何だろうと考えさせられる作品なのだと思いますが、僕は終始

3億円当たりてぇ

って思ってました。

 

佐藤健も高橋一生も、今でこそ俳優業も成功してたくさん稼いでいらっしゃるのだと思いますが、収入が多くない時代も経験してきているでしょうから、特に高橋一生はそういう時期も長かったのではないかと思いますから、そんな彼らがお金のことを語っているのは見応えがありました。

 

お金で買えないものって何だろうかとか、

お金は人を変えてしまうだとか、

そんなことが語られていました。

 

それでも僕はお金から自由になりたいと思うし、時間的自由もほしいなと思ってしまいます。

 

劇中で一男は、普段牛丼並盛り単品で食べているところを、宝くじ当選後は唐揚げや味噌汁、サラダをつけて大盛りにして食べていました。

最終的にその3億円はどうなるのか、取り返せるのか、お金の使い方を一男はどのように捉えるようになるのかはぜひ作品を見ていただければと思いますが、

お金って大事ですよね。

 

 

***

 

 

「お金が無限にあったらどうするか」という問いかけが出てきます。

お金が無限にある状態になったことがないので、想像がしにくいのですが、とりあえず10万円くらいでMacBook Airを買いますかね。

サブ機にしていたChromebookのC100PAが今月でサポート終了になってしまうのと、メイン機のMacBook Pro15インチはやはり重みがあるので…。(贅沢ですね)

 

あとお母さんに借りてた500万円を返して、新型コロナウイルスが収まったらお母さんとノルウェーとかに行ってオーロラを見に連れていってやりたいです。

いろいろ苦労や迷惑をかけたので。

 

あとは学校の先生も年度末で辞めてしまうと思います。

ストレスフルで、自分にはしんどいので。

仕事がなくなって時間的自由ができて何をするのかと言えば、「んー」てなってしまうんですけど。

引っ越しもしないかな。

今の1LDKアパートで十分だと思っているし、車もN-BOXで十分です。

洋服だってユニクロメインで十分です。

 

学校を辞めたら仕事関連の書籍も買わなくなります。

教育書って単価が高いんですよね。

それが削減されるのは良いことです。

 

でも何も目的がない日々は退屈の極みになるだろうし…。

世の中の人に働きかけることをしていかないと…。

 

  1. 本を読んで、面白いと思ったものはブログで紹介する。
  2. 所有物をもっと厳選して、本当に良いと思って使っているものをブログで紹介する。

 

…それくらいかもしれません!!

「人生は死ぬまでの暇つぶし」とどこかで聞いたことがありますが、それをそのまま実行しようとしてしまいます!!

旅行に行きたいとかも無いですし、名声が欲しいみたいなこともありません。

35歳になって、もう「モテたい」とかいうこともなくなってきました。

 

実家に放置して錆だらけになっている自転車を整備して、出かけるようにしたいかな。

雨の日は家の中で自炊でもして。

 

そういう生活に憧れます。